教えて手湿疹の治し方

手湿疹に効くハンドクリーム

手湿疹にかかりやすい人は、乾燥肌や敏感肌の方、アトピー体質や金属アレルギーの方に多くみられます。しかし、そうではない人でも、妊娠中から産後の時期にかけて手湿疹にかかる人もいます。

 

とくに体質や肌質には問題がないのに、独身の頃は手湿疹にかかったことがないのに、結婚して水仕事をするようになってから、手湿疹にかかりやすくなった人も多いようです。
手湿疹にかかった場合、ハンドクリームでケアする人も多いようですね。

 

ハンドクリームには、手の皮膚に不足しがちな水分や保湿成分、油分などの潤い成分がたっぷり含まれていて、ハンドケアができるようになります。ハンドクリームには、尿素が配合されたタイプのものも市販されていますが、皮膚が薄い方や、皮膚が敏感な方にはあまりおすすめできません。

 

ドラッグストアに行くと、多数のメーカーからハンドクリームが販売されていて、どれを選んだら良いか迷ってしまうこともあると思います。
ハンドクリームとは別に、馬油が販売されている店舗もありますので、手湿疹だけに限らず、皮膚の塗り薬として常備しておくことをおすすめします。

 

馬油は、昔から皮膚の塗り薬として重宝されてきました。その名の通り、馬の良質な油線分が豊富に含まれていて、天然素材ですから、敏感肌の方にも安心してお使いいただけることと思います。ドラッグストアでは、1000円〜1200円ぐらいの価格で販売されています。
もうひとつ、植物の椿由来の椿オイルには、天然の殺菌作用を持つとされるサポニンが含まれていることから、皮膚に優しくて安心してお使いいただけると思います。椿オイル配合のハンドクリームも販売されていますので、お使いいただくと良いでしょう。

 

手湿疹の症状に悩んでいる主婦で、椿オイル配合のハンドクリームや馬油を試しに塗ったところ、お肌にとても優しくて天然素材なので安全性が高くて安心!これなら使い続けられるということで、リピーターで使っている主婦の方も多いようです。

 

敏感肌でどうしても気になる方は、最初にパッチテストを行い、48時間後のお肌の反応を見ておくと良いでしょう。椿オイル配合のハンドクリームは、市販のハンドクリームよりは少し価格が高いかもしれませんが、1000円以内の価格でご購入いただけますので、コスト面でも安心ですね。