教えて手湿疹の治し方

手湿疹で処方される薬

手湿疹で皮膚科専門医に診察してもらい、処方される薬についてご紹介しましょう。
手湿疹で処方される薬は、その人の体質や症状の度合いなどにより、処方箋が変わってくることもあります。
場合によっては、ステロイド系の外用薬が処方されることもありますが、ステロイド系外用薬には、症状が比較的軽症の患者には、弱い薬が処方されていますが、症状が重症になるほど強い薬が処方されることもあります。

 

ステロイドでもっとも弱いタイプのものをウィーク、中間程度のものをミディアム、強い程度のものをストロング、さらに強いタイプのものをベリーストロング、もっとも強いタイプのものをストロンゲストと呼びます。さらに、これらに区分されるステロイドにも、さまざまな種類の薬剤があります。

 

手湿疹にかかったからといって、必ずしも即ステロイド系外用薬が処方されるとは限りません。中には、ステロイド系外用薬を処方されることで副作用が気になるからと、自己判断でドラッグストアなどで塗り薬を購入する人もいるようですが、薬が合わない場合は、症状が改善しないどころか、かえって症状が悪化する可能性もありますので、注意しましょう。

 

手湿疹にかかっていて、アトピー体質やアレルギー体質、皮膚が敏感な方、またはこれまでステロイド系の外用薬を処方された経験がある方で、なんらかの副作用がみられた方は、あらかじめ皮膚科専門医のご相談の上、体質に合う薬を処方してもらうと良いでしょう。